体験的!海外旅行の実践マニュアル!

海外旅行の羅針盤

http://www.compass-j.com
海外旅行総合情報サイト

海外旅行の準備
海外旅行での荷物制限と持込制限 寸法制限と重量制限

HOMEヨーロッパ・中欧・北欧中国・アジア北米・中米中近東ハワイアフリカグアム・サイパン南米オセアニアビーチリゾー

Knowledge
海外旅行の知識

海外旅行の計画
目的と目的地
海外旅行のスタイル
情報収集
計画のポイント
海外ツアーを選ぶ
格安海外ツアーを選ぶ
パンフレットを読む part1
パンフレットを読む part2
海外旅行の準備
パスポート(旅券)
ビザ(査証)
イエローカード
国際運転免許証
国際学生証
現金・クレジットカード
服装プラン
荷物制限・持込制限
パッキング・持ち物リスト
海外旅行の出発
日本出国
出発便フライト
外国入国
トラベル基礎英会話
海外旅行の滞在
ホテル
レストラン
ショッピング
観光地
エンターテイメント
国際電話・郵便
インターネット 
トイレ
海外旅行の帰国
外国出国
帰国便フライト
日本入国
海外旅行の種類
海外旅行の種類
海外ツアー
海外個人旅行
海外航空券
航空券の種類
航空券の比較
航空券の選び方
海外ホテル
ホテルの種類
ホテルのグレード
ホテルの選び方
海外レストラン
レストランの知識
レストランのクラス
ドレスコード
ミシュランレストラン
フランス料理のメニュー
フランス料理のマナー
外貨両替
両替と為替レート
海外チップ
チップの習慣
チップのエチケット
チップの国別相場
海外旅行のトラブル
盗難トラブル
盗難・紛失
病気・怪我



HOME服装プラン荷物制限・持込制限パッキング・持ち物リスト

海外旅行での荷物制限と持込制限

海外旅行の荷物には、搭乗者が機内に持ち込む機内持ち込み手荷物および航空会社のカウンターで預ける受託手荷物の2種類があります。それぞれの手荷物に重量と寸法の制限があり、重量制限値をオーバーすると超過手荷物料金を請求されます。まず、持込手荷物と受託手荷物の重量・寸法制限値を知っておきましょう。

1. 荷物制限と持込制限

① 機内持込み手荷物の寸法・重量制限
スーツケース・旅行用品のトラベラーストア

日本航空/JAPAN AIRLINEの場合、機内に持ち込むことができる手荷物は、身の回りの品(ハンドバッグ、ショッピングバッグなど)1個の他、下記の条件の手荷物1個とし、両者の合計重量が10kgを超えないものとされています。

なお、機内持込み手荷物の寸法・重量制限は、各発着便および各シートクラス(エコノミー・エグゼクティブ・ファーストクラスなど)とも同一とされています。

機内持込手荷物 寸法と重量
シートクラス 3辺の和 寸法 合計重量
プレミアムエコノミー
エコノミー
115cm/個
以内
W55cm×H40cm×D25cm
以内
合計10kg
以内
ファースト
エグゼクティブ

② 受託手荷物の寸法・重量制限

受託持込手荷物 寸法と重量
シートクラス 3辺の和 重量 個数
プレミアムエコノミー
エコノミー
W(cm)+D(cm)+H(cm)
203cm/個 以内
23kg/個 以内 2個
ファースト
エグゼクティブ
32kg/個 以内 3個

航空会社の手荷物重量・寸法制限は、それぞれの航空会社によって異なることがありますので、事前に航空会社のホームページなどで調べることをおすすめします。

また、受託持込手荷物を預ける前に自分で重さを量れるウエイトチェッカーが一つあると便利です。高い超過料金請求される心配もありません。重量が確定すると音で知らせてくれ、バックライトが点灯するので、暗い場所でも計測でき、フックをハンドルに引っ掛けて量ることができます。

日本航空/JAPAN AIRLINE
  =超過手荷物料金=


日本
アジア
インド
オセアニア

ハワイ
北中南米
ヨーロッパ
中東
アフリカ
----- Let's Click and Check!
ウエイトチェッカー(\1598)
    
超過手荷物料金 寸法と重量
超過の種類 超過手荷物料金
個数超過(1個あたり) 15,000円(150USD)
重量超過(1個あたり) 23kg超~32kg以下: 6,000円(60USD)
32kg超~45kg以下: 45,000円(450USD)

Let's Click & Check!
日本航空の手荷物重量・寸法
JAPAN AIRLINE
国際線 手荷物について

③ アメリカ便におけるスーツケースのTSAロックシステム

2001年9月11日のアメリカ同時多発テロの後、アメリカ便(ハワイ・グアム・サイパンを含む)では空港の手荷物検査を強化しています。航空会社カウンターで預ける受託手荷物に関して、X線検査次第でアメリカ運輸保安局(TSA)の職員がスーツケースのロックを破壊して検査する場合があります。この施錠破壊に伴う賠償は一切ありません。

各航空会社は、このようなTSAの検査法に対応して、受託手荷物にロックをしないよう注意を喚起していますが、搭乗者から「施錠しないと心配」との声が高まり登場したのが
TSAロック付スーツケースであり、TSAロックをした状態で手荷物を預けることができ、万一の手荷物検査の際、TSA職員がマスターキーで開錠して検査が終了の後、施錠した状態で戻してくれます。

また、アメリカ便を利用する人でTSAロック付スーツケースを所持していない人、海外旅行の頻度の少ない人は、レンタルのTSAロック付スーツーケースを借りることも選択肢でしょう。

破損ポスト


Let's Click and Check!
スーツケースを調べてみよう
軽量スーツケース特集 トラベラーストア

2. 荷物プランへのアドバイス

① レストランのドレスコードにマッチした服装

ドレスコード(服装制限)のあるレストランでのディナーを想定したスマートカジュアルの服装、男性ならばジャケット、襟付きシャツ、ネクタイ、靴(ローハー)など、女性ならばワンピース、アクセサリー、靴(パンプス)、ハンドバッグなどを用意しましょう。

② 海外旅行に便利な裏ワザと知恵

ホテルの浴室がシャワーだけ(バスタブなし)のとき、シャワーの位置が高いとき、小物の洗濯をするとき、100円ショップのプラスチックの洗面器があると便利です。壊れ物などをスーツケースに入れて荷造りするときにも便利です。

外国のホテルのタオルは大きく厚いので絞ることもできず、水を含むと重いなどの不都合が伴い、使いにくいと云っても過言でなく、あらかじめハンドタオル(30cm×30cm)を2、3枚用意しておくとすると重宝すること請け合いです。

ゴルフボールを2,3個を袋(ストッキングなど)に入れ、「ゴルフボール快癒器」として床やベッドの上に置いたり、機内シートの背もたれなどに挟んだりして、ゴルフボール快癒器で背中や手足を指圧マッサージをすると“こり”から解放されます。

③ 機内持込制限品とは

凶器となり得る物品全てに関し、機内持込制限品目として航空機内への持ち込みが禁止されています。刃物などの機内への持ち込みは航空法違反であり50万円以下の罰金の対象となります。

なお、米国など海外からの出発時に、それらの物品が保安検査場にて発見された場合、その国の法律に則り、罰金を課されることがあります。

刃物類、強打すること等により凶器となり得る物、先端が著しく尖っている物、その他凶器となりうる物は機内持ち込みが出来ませんので、受託手荷物の中へ入れなければなりません。


④ 液体物持込制限について

ハイジャック防止のため、2007-3-1より機内への液体物持込制限が施行され、機内へ100ml以上の液体物(水などの飲料、香水、ジェル状のもの、ペースト、ローション、歯磨き粉、クリーム、マスカラ、スプレーなど )の持ち込みが禁止されています。この制限内容は世界各国の空港でも共通であり、経由地空港での乗継でも同様なチェックが行われます。

機内持込手荷物として液体物(水などの飲料、香水、ジェル状のもの、ペースト、ローション、歯磨き粉、クリーム、マスカラ、スプレーなど )を持ち込むときは、100ml以下の容器に入れ(容器に入ったもの)を 縦+横=40cm以内 の透明のジッパー付きのビニール袋に入れ、セキュリティチェックの際、係員に開示しなければなりません。


Let's Click and Check!
機内持込手荷物と液体物持込制限
JAPAN AIRLINE

液体物持込制限について

お手荷物について
機内持込制限品について
液体物持込サンプル
Let's Click and Check!
トラベルグッズを調べてみよう
あると便利な旅行グッズ特集 トラベラーストア

⑤ 空港免税店で買った液体物の乗継のときの没収の有無

日本の空港で購入した免税品の液体物はEUの乗継空港で没収されます。
EU(欧州連合加盟国)外の空港(日本の空港を含む)で化粧品・酒・飲料水などの液体物の免税品を購入し、EUの空港で乗り継ぎする場合、乗継便には免税品を機内に持込むことはできません。これらの品物は没収されます。EUの空港で購入した免税品はEUの乗継空港で没収されず機内持込が可能です。

EU(欧州連合加盟国)の空港で乗り継ぐ場合、乗継空港で購入した化粧品・酒・飲料水などの液体類の免税品は店頭で袋に入れられ封印されたまま、最終目的地の空港に到着するまで開封しないことを条件に、機内に持込むことが可能です。検査の際、この袋と免税品のレシートを一緒に提示しなければなりません。

⑥ スプレー缶(化粧品・デオドラントなど)など受託手荷物の可否

スプレー缶は、機内持込手荷物として持込むことはできませんが、受託手荷物(スーツケース)で預けることはOKです。スプレー缶は危険物とされていますが、化粧品・医薬品・スポーツ用品・日用品などのエアゾールは、一缶容器当たりの質量0.5kg以下または容量0.5リットル以下および一人当たりの合計質量1kg以下および容量2リットル以下あれば受託手荷物として預けることができます。

⑦ 受託手荷物の液体物やスプレー缶の破裂の有無


旅客航空機の貨物室は、気圧と温度(約10℃)がコントロールされており、化粧品スプレー缶類が破裂する恐れはなく、日常生活の身の回りのスプレー缶などは何の問題もなくあずけることができます。

Let's Click & Check!
航空機へ持ち込める危険物
国土交通省
機内への持ち込み若しくはお預かりできるもの

Let's Click and Check!
旅なれた女子の持ち物大公開
行先別!年代別!

スーツケース・旅行用品のトラベラーストア



NEXT
HOME




Let's Click and Check! 
 

Square
海外旅行の広場

海外旅行の準備
旅行鞄(スーツケース)
旅行用電気製品
海外旅行保険
クレジットカード
マイレージカード
海外携帯電話
旅行用品の検索
トラベラーストア
レンタルスーツケース
海外ツアーの検索
格安海外ツアー情報
JTB (ジェイティービー)
近畿日本ツーリスト
日本旅行
H.I.S.(エイチ・アイ・エス)
阪急交通社
海外ホテルの検索
JTB (ジェイティビー)
エクスペディア
アップルワールド
海外航空券の検索
JTB (ジェイティービー)
H.I.S. (エイチ・アイ・エス)


Copyright(C) COMPASS All rights reserved.
海外旅行の羅針盤