体験的!海外旅行の実践マニュアル!

海外旅行の羅針盤

http://www.compass-j.com
海外旅行総合情報サイト

海外旅行の準備
海外旅行の服装プラン ドレスコードにマッチした服装

-
HOMEヨーロッパ・中欧・北欧中国・アジア北米・中米中近東ハワイアフリカグアム・サイパン南米オセアニアビーチリゾー

Knowledge
海外旅行の知識

海外旅行の計画
目的と目的地
海外旅行のスタイル
情報収集
計画のポイント
海外ツアーを選ぶ
格安海外ツアーを選ぶ
パンフレットを読む part1
パンフレットを読む part2
海外旅行の準備
パスポート(旅券)
ビザ(査証)
イエローカード
国際運転免許証
国際学生証
現金・クレジットカード
服装プラン
荷物制限・持込制限
パッキング・持ち物リスト
海外旅行の出発
日本出国
出発便フライト
外国入国
トラベル基礎英会話
海外旅行の滞在
ホテル
レストラン
ショッピング
観光地
エンターテイメント
国際電話・郵便
インターネット 
トイレ
海外旅行の帰国
外国出国
帰国便フライト
日本入国
海外旅行の種類
海外旅行の種類
海外ツアー
海外個人旅行
海外航空券
航空券の種類
航空券の比較
航空券の選び方
海外ホテル
ホテルの種類
ホテルのグレード
ホテルの選び方
海外レストラン
レストランの知識
レストランのクラス
ドレスコード
ミシュランレストラン
フランス料理のメニュー
フランス料理のマナー
外貨両替
両替と為替レート
海外チップ
チップの習慣
チップのエチケット
チップの国別相場
海外旅行のトラブル
盗難トラブル
盗難・紛失
病気・怪我



HOME現金・クレジットカード>服装プラン荷物制限・持込制限

海外旅行の服装プラン

海外旅行の悩みのひとつが気候などに配慮した服装プランです。すなわち、目的地の気候、地域、行程、TPOにマッチした服装、それぞれの旅行のシーンを意識しながら、カジュアルからセミフォーマルまでの服装プランを検討しなければなりません。

海外旅行中、レストランではもちろん国や地域によってはホテルにドレスコード(服装制限)があることもあります。また、宗教施設などでは女性のパンツ不可、ロングスカートでないと入れない、ノースリーブ不可、サンダル不可といったことも珍しくありません。

また、現地のイメージだけで服装を決めないことも大切であり、暑い国でも屋内では冷房が極端に強かったり、日没後の気温が低かったりさまざまです。目的地の状況を把握し、調節のきく服装を無駄なく準備することが不可欠です。


Let's Click and Check!
世界115都市の週間予報と服装
地球の歩き方
世界の天気&服装ナビ

1. 気候にマッチした服装

① 北半球

夏でもヨーロッパの内陸部をはじめとする地域では、昼夜の温度差は大きく、昼間は暑くて夜間は肌寒いことがしばしばあります。スイスなどでは夏でも氷点下になることさえあります。寒さを感じたときに羽織れるカーデガンやセーターなどを用意ることが不可欠です。

東南アジアなどの暑い国、常夏の国に旅行する場合でもチョット羽織れる衣類を用意しましょう。車内やレストラン、ホテルなどの冷房の効きすぎ対策のために、外気と室内の温度差対策にも必要です。女性ならば大判のスカーフやストールなどを用意するとなにかと便利です。

② 南半球

北半球の日本と南半球のオーストラリアでは季節が逆転します。真夏の日本からき南半球に旅行するときには服装プランに悩むところです。夏の服装(半袖)で出発、到着後に長袖の下着やセーターやジャンバーなどの重ね着することで対処します。また、逆に真冬の日本から出発するときは重ね着の反対に一枚いちまい剥ぎ取ってゆくことで対処します。


Let's Click and Check!
世界各国・地域の気候と年間気温と服装プラン
JAPAN AIRLINES
天気情報(気候・天気・気温・服装)
世界の天気

2. 地域にマッチした服装

ハワイにはハワイの気候にマッチした服装があるように、「郷に入れば郷に従え」の姿勢で地域の雰囲気に馴染んだ服装を心がけることが大切です。地域にそぐわない服装は、観光客と一目で分かることになり、スリや引ったくりの格好の標的になる可能性が高いといわざるを得ません。

犯罪やトラブルを少しでも防ぐためには、地域にマッチした服装を心がけ、地域の雰囲気を損なうような服装を避けましょう。

3. 行程にマッチした服装

旧市街や旧跡などの石畳を長時間歩くときには、スラックスと厚底のスニーカーの服装がおすすめです。普段から着慣れた履き慣れたものがベストです。新調した靴は靴づれで悩まされることもあり注意しましょう。

よく、石畳をローヒールで歩いている女性をよく見かけますが、行程をよく吟味して行程にマッチした服装プランを心掛けることが大切です。

厳しい陽射し対策には、帽子、サングラス、日傘などが必要です。また、キリスト教・イスラム教・仏教などの教会・モスク・寺院などでは、肌を露出した半ズボンやノースリーブやタンクトップは厳禁とされています。

4. ドレスコードにマッチした服装プラン

海外ツアーなどでもドレスコード(服装制限)のあるレストランで夕食をとることがあります。ドレスコードとは、そのレストランの雰囲気を壊さないために定められた服装に関するガイドラインのことです。

服装プランには、スマートカジュアルのドレスコードにマッチした服装を用意しましょう。男性はジャケット・襟付シャツ、女性はワンピースなどの服装がおすすめです。海外旅行ならではの雰囲気に浸りながらオシャレをしてディナーを楽しむことも海外旅行の楽しみのひとつです。


NEXT
HOME




Square
海外旅行の広場

海外旅行の準備
旅行鞄(スーツケース)
旅行用電気製品
海外旅行保険
クレジットカード
マイレージカード
海外携帯電話
旅行用品の検索
トラベラーストア
レンタルスーツケース
海外ツアーの検索
格安海外ツアー情報
JTB (ジェイティービー)
近畿日本ツーリスト
日本旅行
H.I.S.(エイチ・アイ・エス)
阪急交通社
海外ホテルの検索
JTB (ジェイティビー)
エクスペディア
アップルワールド
海外航空券の検索
JTB (ジェイティービー)
H.I.S. (エイチ・アイ・エス)



Copyright(C) COMPASS All rights reserved.
海外旅行の羅針盤